感想やらなんやら。

観たアニメやドラマの個人的感想をひたすら書いていこうと思ってます。お付き合いくださいませ。《ネタバレあり》

【アニメ】富豪刑事 Balance:UNLIMITED|check-8 「宵越しの銭は持たぬ」感想。

富豪刑事 Balance:UNLIMITED

f:id:x39jonathan:20200414095353j:plain

出典:fugoukeiji-bul.com

 

check-8 「宵越しの銭は持たぬ」

今回は衝撃回……!!!!

19年前の神戸小百合殺害事件の真相に迫っていっていて、

新事実が判明するし衝撃の展開になっていました……。

 

 

*

神戸大助は19年前、父が母を殺したところを目撃していた…。

 

夜中にベランダよじ登って、お母さんに会いに行ったのかな。

そこであんなん見たら確実にトラウマになると思うねんけど…

大助は大人びていた子供だったみたいね。

 

長さんと神戸の目的は同じ、事件の真相を暴くこと。

 

警察は信用できないから神戸邸で尋問することに。

捕らえた武井と話をする長さん。

「お前とこうやって酒を飲むのも、19年ぶりだなあ」

f:id:x39jonathan:20200911004714j:plain

長さんと武井の体格差がすごい。

 

 

どうもやっぱり『アドリウム』が鍵になってるみたい。

 

「決して悪用はしない」

「そんな話信じられるわけないでしょ!」

「オレはこの研究にすべてをかけている。誰にも邪魔はさせない」

「もう話し合うことは何もないわ」

「おい!待て!小百合!」

 

アドリウムを巡って神戸夫婦は争っていた。

 

 

 

そして事件当時、武井は斎木部長(義父)に指示されて動いていた。

斎木の目的や背後にいた人物は知らない。

 

「知っていたらオレも斎木さんみたいに…」

斎木部長は口封じに殺されたらしい。

  

 

 

『夫婦間のもつれから小百合は家を出て、

逆上した茂丸がそれを追って殺害、

そして自責の念に駆られて自殺』

と教えられていた大助。

祖母に聞くが

「もう忘れなさい、もうこれ以上関わるんじゃありません」

 

 

 

神戸の父、母に関することは「お答えできません」となるヒュスク。

 

そして

鈴江に手を引かれベッドに押し倒される神戸!!

 

きゃー!!(*ノωノ)

 

じゃなくって、

ヒュスクが口の動きを読んで、先回りして情報を消しているらしい…。

ハイテク過ぎて困るヤツ。

 

f:id:x39jonathan:20200911004718j:plain

 

 

一方 春 は、

長さんが19年間集めていた資料を再調査。

そして家族三人で写っている写真が撮られた場所を突き止める!!

 

 

神戸と春はその研究所へ忍び込むことに。

春はおとりでね(笑)

 

f:id:x39jonathan:20200911004722j:plain

 

神戸がその研究所の地下へ着いたと同時刻に、

神戸邸にいる長さんと武井のもとへ侵入者が……。

 

その侵入者は「神戸茂丸」の名前でロックを解除して侵入している…!!

ふたりの命が危ない!!

 

最高レベルの権限を持つ大助がすぐに戻ればなんとかなるかもしれない…

が、予定通り進める神戸。

 

 

そして長さんと武井のもとへたどり着いた茂丸…。

 

「いよいよお出ましだ」

「まさか、お前が生きていたとはな…」

「ここで逃げても、オレには行くところがねえんだ」

 

脱出口があるのに!!

逃げずに向かっていく長さんと武井……。

 

 

茂丸、絶対死んでないと思ってた~!!

前回の「歯の治療婚が一致したらしい」ってやり取りがあったの、

怪しいと思ってた~!!

茂丸は死んではいなかったのだ!!

 

 

そして長さんと武井は、、茂丸に殺されてしまった……

ああっ!!

なんとしても生きていてほしかったよ長さん!!

 

あの血の惨劇の画は…ショックだったなあ…

 

 

怒る春…。 

 「お前は、長さんと武井さんを見殺しにしたんだ」

f:id:x39jonathan:20200911004725j:plain

 

 

 

第8話感想おわり

 

  ☟これまでの感想。

39johan.hatenablog.com

39johan.hatenablog.com

39johan.hatenablog.com

39johan.hatenablog.com

39johan.hatenablog.com

39johan.hatenablog.com

39johan.hatenablog.com